こんにちは、研究チームです。

本日はワードプレスを用いたコンバージョン改善手順のご紹介。

本記事は具体的な手順ではなく概要についてまとめております。

ABテストの重要性は解っているけどWPでの完結方法を知らない

といった状況の中級者へ向けた記事内容となっています。

ABテストはかなり根気のいる作業ですが、まずは基本的な実行手順だけでも知っていただき、興味を持っていただければ嬉しいです。

専用プラグインをインストール

まずプラグインを有効化すると、
投稿や固定ページ内に
一つのボックスが追加されます。

比較元から対象先ページを設定

上記の「Setup New Split Test」をクリックして、比較対象先とするBページの準備を進めていきます。

3つのボタンから選択できます。

(左):Duplicate Master Page
Aページから複製してBページを準備する

(中):Choose An Existing Page
すでに作成済のデータからBページを選ぶ

(右):Create A New Blank Page
Bページをゼロから作成する

ここでは一番左の「」を選択しておきましょう。

もし、Bページの変更点が少ない場合は特に複製機能(Duplicate Master Page)が便利です。アイキャッチ画像の入れ替えとか小さな変更なら間違いなくコレです。

クリック後は、自動で設定が読み込まれてテスト準備が整います。

AB比較テストの開始

ボタンを押下すると「ABテスト測定ページ」の画面に切り替わります。同時にAB比較テストが開始。

測定ページにはグラフ機能も付いています。

Visits 訪問者数
Conversions コンバージョン数

Master Aページ
Variation Bページ

グラフの下側では数値(アクセス数・CV数等)が確認できます。

ちなみに、ABの振り分け率は
ワンクリックで変更可能です。

Page Name
ページタイトル

Page Slug
スラッグ

Adjust Percentage Of Views
振り分け比率

Total Views
全ビュー数

Unique Views
ユニーク数

Total Conversions
総コンバージョン数

Conversion %
CV率

テスト状況のステータス

上記の「Pause Split Test」にチェックを入れると“停止”。

チェック後は保存ボタンを押さなくてもOKなシームレス設計。

もちろん、Bページの編集も「Edit Page」ボタンから実行可能です。

完了ページにCVタグを設置

最後にコンバージョンページにCVタグを埋め込みます。

この「Conversion Code」をサンクスページへ貼り付けます。

上記のように、サンクスページ内へ指定タグを仕込んでおくだけで
自動でコンバージョン時にカウントされる仕組みとなっています。

測定後は、勝ったページを「Declare Winner」で終了です。

まとめ

Google Optimizeと戦いすぎて疲れたあなたへの救世主です。

まさにワードプレスでABテストを行う際の『ベストプラグイン』。

マルチサイトでも動作する優秀なプラグインなので
個人的には“一番使いやすいABテストツール”です。

ABテストに興味があればお問い合わせフォームからご相談ください。

▼テストURL
https://instantlp.io/wp-moving-team/test-lp
※URLへアクセスすると50%の確率で「test-lp-2」が読込まれます


研究チーム

日々ABテストを繰り返しエンジニアリングとマーケティングの両立を目指すデベロッパーチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です