こんにちは、研究チームです。

GoogleがSSLサイトを優遇する旨
公式に発表した後から、
SSLの無償化が一気に進みました。

そして、最近多くご質問いただくのが
wwwは付けるべきか否かという内容。

要は運営サイトURL表記を
wwwありかなしかのいづれかで
統一したいという相談です。

www表記有無を統一するメリット

まずドメイン表記の統一には
非常に大きな恩恵があります。

それは検索エンジンの特性上で
wwwありとwwwなしのURL自体を
別物と認識してしまうのが理由。

A. https://example.com
B. https://www.example.com

上記のURLでそれぞれで
サイトが表示される状態だとすると
別サイトと認識されます。

それはインターネットの仕組み上、
wwwという箇所(正確にはwww.まで)は
サブドメインに該当するからです。

そこで、ある程度知識のある方は
リダイレクト処理を行なって
1箇所に自動転送をかける訳です。

表記を統一しておくと被リンク効果も
一箇所に集中できるので
検索エンジンから評価を得やすいです。

当サイトもURL統一を図っておりますので
以下からアクセスをお試しください。
https://www.ctascript.org/website-ssl-www-should/

wwwなしに自動で書き換えされるのが
お判りになりましたでしょうか?

実は8パターンも存在するURL

以下のURLをご覧ください。

▼SSL環境
1. https://example.com
2. https://www.example.com
3. https://example.com/
4. https://www.example.com/

▼非SSL環境
1. http://example.com
2. http://www.example.com
3. http://example.com/
4. http://www.example.com/

それぞれが少し違っていますよね?

すべて同ページへアクセスしているのに
物理的な扱いが各々で異なってきます。

しかし、検索エンジンとしては
何か意味が合って別々にしてるんだろうと
素直に判定をしてしまう訳です。

これは非常に勿体ない状態と言えます。

もし今あなたのウェブサイトが
統一されていない状態なら
今すぐに設定を行ないましょう。

URLの表記を統一するには?

基本的には.htaccessを用いて
リダイレクト処理をかけます。
※編集元「.htaccess」は要バックアップ

書き方はサーバーによって異なりますので
一般的なパターンを記述しておきます。

wwwなしで統一する場合(SSL強制)

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.example\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://example.com/$1 [R=301,L]

wwwありで統一する場合(SSL強制)

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.exapmle.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(exapmle\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://www.exapmle.com/$1 [R=301,L]

イレギュラーなパターン

上記で合計8パターンと書きましたが、
ワードプレスなどを導入していない場合(静的html)は
あと少しパターンが増えてしまいます。

C. https://example.com
D. https://example.com/index.html

CMSを導入されていない状況では
「C」と「D」はブラウザに表示される
参照元ファイルが全く同じです。

検索エンジンでは参照データが同じでも、
URLが異なれば別モノとして扱われます。

.htaccessでは「index.html」よりも
page.htmlを優先的に読み込ませられたり
設定は運営者のさじ加減一つなので
別として扱わざるを得ないのが実情です。

運営状況次第では『計16パターン』。

その場合は「index.html」へのアクセスを
リダイレクトで省略してしまいましょう。

wwwなしで統一、かつindex.htmlを省略する場合(SSL強制)

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.example\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://example.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://example.com/$1 [R=301,L]

wwwありで統一、かつindex.htmlを省略する場合(SSL強制)

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.exapmle.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(exapmle\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://www.exapmle.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://www.exapmle.com/$1 [R=301,L]

wwwありなしはどちらを採用するべき?

表記は完全に好みでOKです。

名刺やノベルティへ印刷する文言等で
見た目の良し悪しを決めるなど、
ドメインの活用範囲で確定しましょう。

http://を省略前提ならwwwありの方が
URLと認識されやすいですし、
http://を含む前提ならwwwなしの方が
よりスマートに映るでしょう。

組み合わせという観点で見ると、
wwwと相性抜群の文字列(逆も然り)が
存在する可能性もあるはずです。

さらに別角度からは「https://」として
SSLの存在をアピールするなど、
活用法もブランディング次第で様々です。

また、個人的な見解や意見だけでなく
閲覧者が直接入力する場面も考慮するなど
色々と考えて総合的に決めましょう。

ごく稀にwwwを付けてアクセスすると
ページが見れないウェブサイトもあったりするので
それだけは絶対に避けたいところです。

ありにしてもなしにしても、
統一さえできていれば
何も心配は必要ありません。

カテゴリー: サーバー

研究チーム

日々ABテストを繰り返しエンジニアリングとマーケティングの両立を目指すデベロッパーチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です