こんにちは、研究チームです。

最近は多くのレンタルサーバーで
無料SSLが導入され始めています。

設定も大半がワンクリックですが、
サーバーによって“癖”もあります。

特に「さくらサーバー」では
システム上の仕様が複雑に絡んでいて
コツが必要だったりします。

手順次第では永久に完了しない場合も…

本日はさくらサーバーで無料SSLの
発行を行う際(手詰まりになった場合)に
必ず確認するべき項目を5つご紹介。

ネームサーバーが変更できていない

サーバー運営の初心者によくあるのが
DNS設定を変更できていないパターン。

この状態だとSSLは発行できません。

独自ドメイン(example.com)の
ネームサーバーは必ず
さくら指定のDNSを設定しましょう。

▼さくらのDNSサーバー
ns1.dns.ne.jp
ns2.dns.ne.jp

既に設定済みなら問題はありません。

ちなみに変更はドメイン管理パネルから
ネームサーバーの指定が行えます。

勿論、他社のレジストラサービスで
ドメインを管理している場合は
利用サービス側から変更が必要です。

▼ドメイン管理サービス
・お名前.com
・バリュードメイン
・ムームードメイン

当然、レンタルサーバー側に
ドメイン管理機能も付属している
サービスもございます。

さくらサーバーで取得したドメインなら
特にDNS変更の必要はありません。

DNS設定の浸透に時間を要している

DNSを変更して間もない状態だと
無料SSLの発行が実行できません。

そんな時はドメイン直下に
ファイルを置いて読み込めるか
チェックしてみましょう。

例えば、FTP接続をして
該当ドメインのルート直下に
test.htmlを置くなどです。

▼test.htmlを置いた場合
http://example.com/test.html

設置後に上記のファイルを
正しく読み込めれば
DNS切替は完了しています。

また、以下のサービスで簡易的に
DNS浸透状況確認も可能です。

▼SEOチェキ!
http://seocheki.net/whois.php?w-url=http://example.com

Name Serverが以下であれば
正常に切り替わっています。

確認時は“大文字”で表示されますが、
設定は小文字で行なってください。

ドメイン配下のデータが読めない

これは結構レアなケースです。

例えば、

http://example.com/test.html

が正常に読み込めたとしても

http://example.com

が正しく開けないとSSL発行を
拒否される現象が発生します。

先にWPを設置してしまった状況や
リダイレクト処理が効いている場合等々
可能性がないか確認をしましょう。

さくらサーバーでは仕様として特に
“厳密なドメインチェック”をするので
見落としがないか注意してください。

状況に応じて「htaccess」を外したり
DBへの接続も一時解除するのが吉です。

FTP上からリネームをすればOKです。

SSLの発行手順に誤りがある

コントロールパネルからドメインを追加後
数時間経てば無料SSLは追加可能です。

ただし、先述の通り、DNS浸透不足や
サーバーのファイル状況によっては
SSL発行が完了しない場合もあります。

ドメイン追加後にSEOチェキで
DNS設定が反映されたのを確認して
ページのアクセスができたら
SSL発行は無事完了するはずです。

もし不安がある場合は以下3点を
重点的にチェックしてみましょう。

1. DNS設定は変更済みか?
2. SEOチェキに反映されるか?
3. URLでページが見れるか?

基本、上記3手順のみで
SSL発行準備は整います。

キャッシュ情報が影響している

実際に操作をしているPC環境で
キャッシュやクッキー情報が影響して
リクエストを正常送信できていない
といった可能性も考えられます。

PCの再起動、ルーター再起動から
ブラウザ側の各種キャッシュ情報など
ローカル要因も十分、あり得ます。

もしChromeを使っているとしたら
ウルトラスーパーリロードを試した後に
操作をすれば影響は受けづらいです。

▼ウルトラスーパーリロードの実行方法
1. ブラウザ上で右クリックをして「検証」からデベロッパーモードへ切り替え

2. 更新ボタン長押しで表示される「キャッシュの消去とハード再読み込み」を実行

キャッシュの可能性が考えられる場合は
ぜひ上記手順で更新をお試しください。

キャッシュが影響するパターンは
ほとんどありませんが、
過去に一度もクリアしていない等
“溜まり具合”によっては
疑う余地も十分ありそうです。

もし無料SSLが発行できない場合は
本記事で紹介した5つを中心に
各々の検証を進めてみてください。

カテゴリー: お知らせ

研究チーム

日々ABテストを繰り返しエンジニアリングとマーケティングの両立を目指すデベロッパーチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です