こんにちは、研究チームです。

ワードプレスのエディターには
ビジュアルモードとテキストモードの
2つの種類が用意されています。

▼ビジュアルモード
感覚的に文字入力を行えるモード。

コードが自動で置き換わるためタグの閉じ忘れによるレイアウト崩れなど、
記述ミスが起こらない。

▼テキストモード
htmlタグを使って直接入力するモード。

コードに記述ミスやタグの閉じ忘れがあるとレイアウト崩れを起こす。

どのように使い分ける?

簡単に言えば、ビジュアルモードは初心者向け、テキストモードは玄人向けです。

Webデザイナーやエンジニアだと
ビジュアルモードとテキストモード両方を
切り替えながら使うのが一般的。

ただ、メルマガフォーム専用タグなどの
差し込みにはテキストモードが必須です。

特に外部サイトから指定のある専用タグは
html構造が複雑だったりするので
ビジュアルモードでは正しく処理ができずにレイアウト崩れを起こします。

場合によっては必要なタグを
一緒に削除してしまう場合も。

テキストモードであればそのような
自動補完機能は動かないので
安全にhtmlタグを差し込める訳です。

ただ、テキストモードは“改行”も
すべて律儀に再現してくれます。

そのため、専用タグによっては
謎の空白が発生したりもします。

でも、手動でソースを詰める作業は
意外と手間がかかりますよね。

先日に公開した以下の記事内↓でも、
エキスパートメールでメルマガごとに発行されるメルマガ登録フォームをワードプレスのサイト内へ設置する方法
改行を詰める作業がありました。

もし誤ってタグを消してしまったら
レイアウト崩れの原因にもなりますので
専用の除去ツールを活用しましょう。

左側にソースを流し込んだ状態で、
改行にチェックを入れるとOKです。

ぜひお試しくださいませ。

▼改行・空白・タブ削除ツールはこちら
https://html-css-javascript.com/n-space-tab/

カテゴリー: お知らせ

研究チーム

日々ABテストを繰り返しエンジニアリングとマーケティングの両立を目指すデベロッパーチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です