こんにちは、研究チームです。

今やWeb集客上で欠かせないPPC広告。
PPC(Pay Per Click)はクリック課金型を指していて
リスティング広告とも呼ばれています。

ウェブサイトをオープンしただけでは
検索エンジン経由のアクセスしか
売上げに繋がるきっかけはありません。

しかし、リスティング広告なら
検索エンジン上に即広告が出せるので
見込み顧客へリーチも可能です。

そして何より大切なのが
アクセスを測定する作業。

どの広告文が、何回クリックされていて
コンバージョン率は何%なのか?
これらの数字がもっとも重要となります。

しかし、データを解析するには必ず、
CVタグを設置する必要がございます。

本日はワードプレスで構築したサイト内に
タグを埋め込む方法をご紹介いたします。

早速ですが、以下が記述例となります。
functions.phpへ以下を貼り付けるのみ。

function add_adw_cvtag_insert(){ 
  /* 特定の固定ページ */
  if (is_page('123')) {
    echo '<!-- Global site tag (gtag.js) - Google AdWords: 123456789 -->'."\n";
    echo '<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-123456789"></script>'."\n";
    echo '<script>'."\n";
    echo 'window.dataLayer = window.dataLayer || [];'."\n";
    echo 'function gtag(){dataLayer.push(arguments);}'."\n";
    echo "gtag('js', new Date());"."\n";
    echo "gtag('config', 'AW-123456789');"."\n";
    echo '</script>'."\n";
    echo '<!-- Event snippet for 申込完了(LP01) conversion page -->'."\n";
    echo '<script>'."\n";
    echo "gtag('event', 'conversion', {'send_to': 'AW-123456789/kNs7gN1l4W2KLLjA9KY'});"."\n";
    echo '</script>'."\n";
  }
}
add_action('wp_footer', 'add_adw_cvtag_insert');

※テーマ内のfunctions.phpへ追記(編集は細心の注意を払ってください)

上記内容の「123456789」箇所と「kNs7gN1l4W2KLLjA9KY」は
実際に発行されたソースに置き換える作業が必要です。

echoタグやシングルクォーテーション、
ダブルクォーテーション、改行タグなどが
色々混ざっているのでご注意ください。

上記のサンプルソースの状態ではIDが、
“123”の固定ページでのみ出力されます。

固定ページでサンクスページの作成時に
URLバーからページIDを調べて、
123の箇所にある数字を置き換えればOK。

CVタグの設置時にぜひお試しください。

カテゴリー: マーケティング

研究チーム

日々ABテストを繰り返しエンジニアリングとマーケティングの両立を目指すデベロッパーチーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です